製菓の専門学校でスキルを研ぎ澄まそう|手に職をつける

婦人

食べ物を美しく魅せる

笑顔の女性

料理を仕事にしたい学生は調理の専門学校で知識や技術を習得しますが、専門学校には様々なコースがあります。スイーツやカフェ、ベーカリーなどのオーソドックスなコースに加えて、フードコーディネーターのコースもあります。フードコーディネーターコースでは、素材の味を引き出すための調理方法を身に付けた上で、料理の見た目を美しく演出するスタイリングの技術などを学んでいきます。食事のシーンに合わせたコーディネートをしっかりと勉強することで料理教室を主催したり、各種メディアへのレシピ提供、飲食店のメニュー考案など幅広い場所で活躍出来る人材へと成長できるのです。しかし、料理の世界に興味があっても、フードコーディネーターに関する情報はあまり耳にする機会がないはずなので、資料請求などを行なってカリキュラムの内容を確認しておきましょう。

フードコーディネーターコースでは、イタリアンやフレンチのメニューを重点的に制作し、基本の所作や味の構成を実践的に学習していきます。習得できる項目として、キッチンマナーや衛生管理の方法、厨房器具の取り扱い方に肉や魚、野菜の下処理などがあります。また、フードコーディネーターになるための対応力や実践力を身に付けるために、食材の美しい切り方や盛り付け方、カラーコーディネート、さらにはカメラワークまでを学びます。このような技術を専門学校で習得した後は、フードユニットや食のスタイリスト、店舗開発など様々な就職先があり、そこで自分のスキルを活かして社会に貢献することができます。